アプリゲームUIデザイン

プレイしたアプリゲームのUIデザインに関して、書き残しておこうと思います。毎日24時に更新!

「七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ」3属性に絞るメリットって何があるの?

こんにちは、「アプリゲームUIデザイン」のちょこきなこです。

 

最近のアプリは概ね7属性(火、水、風、雷、闇、光、無etc)くらいあるのが多いです。

ラクロの場合は「体力」「速力」「筋力」の3属性に絞っています。

 

久々に三すくみの仕様を見たかもしれません。
力関係はこんな感じ。

f:id:appgameui:20190609164525p:plain




3属性だとUIの面で何が良いかというと、色覚多様性の対応が楽になるんですよね。

f:id:appgameui:20190610133253p:image

 

P型(1型)のフィルタをかけるとこんな感じに見えます。

f:id:appgameui:20190610220126p:plain

 

流石に、分かりやすい!とまでは至りませんが、中にマークも入っているので判別するには十分かなという感想です。

 

マークが入っていない育成素材はどうか、確認してみました。f:id:appgameui:20190615230155p:plain

(フィルタなし/フィルタあり)
これも属性色が少ないと判別しやすいです。

 

 

素材交換の画面だと文字で何の素材か分かるようにフォローしていました。

f:id:appgameui:20190615230830p:plain

文字を入れるのがベストではありますが、いつも使える手段というわけではないので悩ましいところ。

 

いずれにしても、使う色を絞ると色だけで判断するシーンで情報が誤解無く伝わりやすくなります。

よく、マッチングパズルなどで色数が多く瞬間的に判別できない、という話は聞くので常に意識しておきたいところ。