ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

「崩壊3rd」タイトル画面とホーム画面を自然に繋げる演出

こんにちは!ちょこです!

 

このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです!

 

今回は「崩壊3rd」から、タイトル画面とホーム画面を自然に繋げる演出をご紹介します。

 

まずは実際の画面をご覧ください。
このようにタイトル画面からホーム画面に遷移します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

動いていると分かりづらいかと思うので、静止画で順に紹介していきます。


1:まずはこちらがいわゆるタイトル画面です。タイトルロゴなどは表示されていませんがユーザーが画面タップするのを待ちます。エヴァンゲリオンのような工業用のエレベーターを永遠に昇っていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

2:画面をタップするとシーンが進み、上昇していたエレベーターがある階層に止まります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

3:エレベーターの扉が開くと、雲海に浮かぶ艦橋のような場所が見えます。手前にはキャラクターの後ろ姿も見えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

4:カメラはエレベーターから数歩前に進み、キャラクターがこちらに向き直します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

5:更に一歩前に進みキャラクターとの距離感を縮めます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

6:カメラが止まったら画面の四隅からUIパーツ類が登場します。以上で遷移アニメーションは終了です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

もう一度アニメーションを見てみます。
タイトル画面からホーム画面までスムーズに繋がっていることが分かるかと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

このようにタイトル画面からホーム画面までスムーズに繋げることで、自然にゲームを開始させ、ゲームの世界観への没入感を高める意図が働いているように感じました。

 

以上です。

タイトル画面をデザインする際の参考になれば幸いです。

 

このブログではこのようにゲームUIついて簡単にまとめて紹介しています。

他のゲームUIも紹介しているので、もし良かったら他の記事も見て行っていただけると嬉しいです。

 


権利者さまへ

 

以下はコンテンツ利用に関する認識の説明です。

「崩壊3rd」のガイドラインを確認したところ、ゲーム実況の配信、動画投稿に関しては許諾されている旨の記載はありました。

 

ネットワークサービスにおける著作物の利用に関するガイドライン

 

主な参照箇所を抜粋します。

個人であるお客様が「崩壊学園」、「崩壊3rd」及び「原神」「未定事件簿」からキャプチャーした映像及びスクリーンショットした静止画(以下「本著作物」といいます。)を利用して創作された動画や静止画を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)し、又は収益化することに対して、当社らは、以下の遵守事項を遵守いただいている限りにおいては、著作権侵害を主張いたしません。

 

以下は確認したガイドラインページのキャプチャです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

画像利用、記事の内容について問題がありましたら、お手数ですがご連絡ください。
速やかに対応いたします。

 

お問い合わせ