ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

「ガーディアンテイルズ」画面を長押しするとゲージが表示されるのであとどれくらい押せば良いのか分かって便利

こんにちは!ちょこです!

 

このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです!

 

今回は「ガーディアンテイルズ」通称「ガデテル」から、長押しすることで何が起きるのかユーザーに伝えるデザインについて紹介します。

最近だと、長押しとリングゲージの組み合わせについて紹介もしていましたね。


「ガーディアンテイルズ」の画面はこちらです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

「ガーディアンテイルズ」の場合、ステージによってはクリア条件が旗を倒すことだったりします。一定時間長押しすると旗を倒すことができます。

アニメーションで見るとこんな感じです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

途中で止めると長押ししていた時間がリセットされ、もう一度最初から長押しする必要があります。

見やすいように該当箇所を拡大します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



UIに関する特徴として、以下の2点をあげさせていただきます。

  1. 長押しする時間に応じてゲージが溜まっていく
  2. カメラが徐々にズームになり、力が込められている様子が伝わってくる

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ゲージがあることで、あとどれくらい長押しすれば良いのか感覚的に理解できます。
この役割はリングゲージと同じかなと思います。

カメラのズームについては没入感を増すという評価軸で考えています。
長押しする時間に応じて旗にカメラが寄ることで、旗に注目を集め、ユーザーの意識を集中させようとしているのかなと思います。

同時に、旗を倒そうとしているキャラクターが力を込めている演出にもなっているかと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

更によく見ると、背景が暗くなったり、画面全体の揺れも徐々に大きくなっていっています。この辺りは映像に関する表現技法だと思うのですが、あまり詳しくないので効果については今後勉強したいと思います。

今回は表現事例のご紹介まで。

 

以上です。

画面の長押し演出を検討する際の参考になれば幸いです。

 

このブログではこのようにゲームUIついて簡単にまとめて紹介しています。

他のゲームUIも紹介しているので、もし良かったら他の記事も見て行っていただけると嬉しいです。

 


権利者さまへ

 

以下はコンテンツ利用に関する認識の説明です。

「ガーディアンテイルズ」のガイドラインを確認したところ、ゲーム実況の配信、動画投稿に関しては許諾されている旨の記載はありました。

 

ガーディアンテイルズ 二次創作ガイドライン

 

主な参照箇所を抜粋します。

「ガーディアンテイルズ」を利用した、ゲーム実況の配信及び動画投稿は、個人や法人など利用者の所属や営利・非営利など収益に関わらず、以下の事項に抵触しないかぎり、事前の連絡なく自由に行っていただけます。個人、非営利目的以外に商業的な利用を希望する場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

以下は確認したガイドラインページのキャプチャです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログの投稿に関して具体的な記載はなかったため、念のため問い合わせをしたところ、スクリーンショットの掲載について特に制限を設けていないことを確認致しました。(メールの無断転載は禁止されていた為、内容の掲載は致しません)

 

画像利用、記事の内容について問題がありましたら、お手数ですがご連絡ください。
速やかに対応いたします。

 

お問い合わせ