ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

【メインコンテンツ】プレイしたゲーム、参考動画、参考記事

こんにちは、ちょこです。

 

このブログではアプリのゲームUIを中心に記事を書いています。

 

ブログ開設以前、ゲームUIに関して調べようと思った際に基本的にはwebかDTPベースの情報しかありませんでした。困った末にゲームUIについてのブログを作成いたしました。

主に実際のゲームである事例を元に、ゲームUIの視点で記事を書いています。
ゲーム業界を目指す方、プランナーの方、非デザイナーの方、ゲームUIに興味のある方、その他ゲーム開発者の参考になれば幸いです。

以下、メインコンテンツを紹介いたします。

 

1:紹介させていただいたゲーム

このブログで紹介したゲームの一覧ページです。
プレイしたことがあるゲームや、UIが気になっていたゲームがあれば幸いです。

バナー:ゲーム一覧

紹介させていただいたゲーム

 

 

 

2:参考書籍

ゲームUIデザイナーの参考になりそうな書籍の一覧ページです。
読んだ範囲で紹介させていただいています。

参考書籍まとめバナー

参考書籍

 

 

3:ゲームUIデザイナーにオススメしたい動画

講演や用語解説など、ゲームUIデザイナーの学習に参考になりそうなプレイリストです。随時追加、更新いたします。

ゲームUIデザイナーにオススメしたい動画

 

 

4:おすすめのサイト

ゲームUIに関係する記事が多く取り扱われているサイトを紹介します。

バナー:おすすめサイト

おすすめのサイト

 

 

5:ゲームUIデザイナーの参考になりそうな事例の記事

ゲームUIに関係するインタビューや制作事例などの記事を紹介します。 
(採用目的が強い記事は除外)

ゲームUIデザイナーの参考になりそうな事例の記事

 

 

6:タグ一覧

当サイトのタグ一覧ページです。
スマホではタグ一覧が表示されないのでタグ一覧ページを作成しました。

タグ一覧

 

 

7:ゲームUI FAQ

過去に書いた記事が「どのような問題解決になるのか」という視点でまとめたページです。自分自身がデザインをする際に困った時用の備忘録も兼ねています。

ゲームUI FAQ

 

 

8:ゲームUIデザインを検討するメモ

ゲームUIについて感じたことなど。メモ。 

ゲームUIデザインを検討するメモ

 

 

9:ブログ運営

以下はブログ運営に興味のある方向けの記事です。

 

 

10:その他

素人っぽさを脱するための感覚とロジックが習得できる「伝わるデザインの授業 一生使える8つの力が身につく」

こんにちは、ちょこです!

今回、私が購入した書籍の中から紹介する書籍はこちらです!

 

「伝わるデザインの授業 一生使える8つの力が身につく」

伝えたいことをかんたん に理解できるように整えたり、誤解が起きにくいように見せ方の工夫をすることがデザインの本当の目的なのです。

 

購入しました!ざっくり紹介していきますね。

amazonの商品ページのキャプチャです。2021/10/16にこの書籍を購入しています

所感

  • ゲシュタルトの法則をベースにレイアウト、文字組み、デザインが説明されている。
  • 情報構造をパターン化しているのは理解しやすい。ゲームUIにも活かせそうな型
  • 視線誘導のテクニックが紹介されている。視線誘導の意識は本当に重要
  • 表・グラフでもインフォグラフィックに近い見せ方が紹介されている。ややデザイナー寄りか
  • 最後にVI(ビジュアル・アイデンティティ)が掲載されているが、入門書で扱っているのは初めて見た。

 

こんな人にオススメ!

書籍内では以下のような方をターゲットにしている旨が書かれています。

  • デザイナーではないけど仕事でデザインをしなくてはならない人
  • しっかり伝わるビジネス文書を作成したいビジネスパーソン
  • お店の広告やツールを作りたいショップ経営者やスタッフ
  • デザインツールの使い方は覚えたけど作るものがどこかイマイチに感じているデザイナー
  • デザイナーを目指す人
  • デザインに興味がある人たち

デザイン業務の必要に迫られている方から、興味のある方まで広範囲に向けて書かれています。

 

 

感想まとめ

感想まとめです。

レイアウトや色など、全体的にカジュアルにまとめられており、手に取りやすい見た目のデザインになっている印象です。図も多く、直感的に分かりやすく感じました。

入門書で抑えるべき基礎的な要素…レイアウト、書体、文字組み、写真の扱い方、配色などもしっかりと押さえられています。

 

既存の入門書との差別化なのか、基礎的要素以外にも以下の要素が扱われていました。

特に視線誘導はUIデザイナーにとっては非常に重要ですし、図解はデザイナーが接する機会の多い要素かと思います。

体験のデザインはストーリーのデザインでもあるため、時間軸をうかがうようなやや俯瞰的な視点に気付かせてくれます。

VIを扱っている入門書は稀であり、VIに興味がある方は一度目を通して見るのも良いのかもしれません。

 

 

以上です。

デザイン初心者の方にオススメする書籍を検討する際の参考になれば幸いです。

ピクトグラムも紹介されてるよ!「デザインを学ぶ1 グラフィックデザイン基礎」

こんにちは、ちょこです!

今回、私が購入した書籍の中から紹介する書籍はこちらです!

 

「デザインを学ぶ1 グラフィックデザイン基礎」

デザイナーは人間の視覚心理をよく理解し、どのように視覚表現すれば情報を正しく認識してもらえるかを知っておく必要があります。

 

 
 
はい、購入しました!ざっくり紹介していきますね。

amazonの商品ページのキャプチャです。2018/01/13にこの書籍を購入しています

 

所感

  • 入門書の中では比較的専門用語が多く、ややデザイナー向けの印象
  • 装丁、パッケージデザインにも触れられている
  • グラフィックデザイン、プロダクトデザインを念頭に置いたデザイン入門という印象を受ける

 

対象者

書籍内では以下の人を対象にしている旨が書かれています。
  • これからデザインを学ぼうと考えている人

 

感想まとめ

全体的にはフォーマルで、非デザイナーの方ではなく業務でデザインをする方に向けて書かれている印象を受けました。

グラフィックデザイン基礎」という名前の所以か、装丁やパッケージデザインについて触れられている点は入門書の中ではかなり特殊な立ち位置にあるように感じました。
学校の課題としてパッケージをデザインすることもあると思うので、資料としては有効なのかもしれません。


「デザインを学ぶシリーズ」は今回の「グラフィックデザイン基礎」以外にも「色彩と配色セオリー」「文字とタイポグラフィ」の2つがあります。

2013/6/11に初版が発行され、2022/6/23現在では全3巻でまとめられているため、シリーズは完結していると思われます。

配色、文字についても十分書かれていますが、より詳しく知りたい方は同シリーズ内の他の書籍で補完するなどしても良いのかもしれません。

 

また、入門書であってもピクトグラムに言及されているのは貴重だと感じました。
ピクトグラムはゲーム内のアイコンをデザインする際に参考にできる点があるため、最初の時点で軽くでも触れられていると、その後の学習にも有効なのではないかなと考えます。

ユニバーサルデザイン(UD)にも触れられていますが、コラムで書かれている程度で扱っている量は僅かですが、知っているか否かでその後デザインする際の意識も大きく変わるため、入門書の時点で触れられていることは重要かと思います。

 

 

以上です。

デザイン初心者にオススメの書籍を検討する際の参考になれば幸いです。

 

デザインとは、見る側の立場になって、どうすれば分かりやすいかを考え、情報を整理して見せること「やさしいデザインの教科書」

こんにちは、ちょこです!

今回、私が購入した書籍の中から紹介する書籍はこちらです!

 

「やさしいデザインの教科書」
 

 
私も購入しています!
(※キャプチャ中のkindleの価格はセール価格です)

amazonの商品ページのキャプチャです。2021/10/16にこの書籍を購入しています

 

所感

以下、ざっくりとした所感です。
入門書では扱われがちなテーマを漏れなく広範囲でカバーしています。

  • 文字組み、書体、配色、広告をベースとしたレイアウトについて書かれており、ビジュアル面のデザインを中心に広範囲に取り扱われている
  • 伝える相手、利用する媒体を意識したデザインをするように書かれている
  • 図が大きく直感的に理解しやすい
  • 文章中にハイライトがされていてメリハリがあり、読みやすい

 

対象者はこんな人!

書籍中では以下を対象に書かれている旨がありました。

  • はじめてデザインに触れる方

全体的に難しい専門的な話は少ないため、デザイナーよりは非デザイナーの方がターゲットなのかもしれません。
あるいはレイアウトなどを行わないデザイナーの方が読むと、新たな発見があるかもしれません。

 

感想まとめ

この書籍中でのデザインの定義は以下のように書かれていました。

デザインとは、見る側の立場になって、どうすれば分かりやすいかを考え、情報を整理して見せること

見た目をきれいにすることがデザインだと考えるのではなく、デザインはあくまで伝達手段であることが述べられています。

この書籍では主に文字組み、書体、配色、レイアウト、写真や図を利用したデザインなど、デザイン初心者が担いやすい業務範囲に重要な要素を分かりやすく説明されています。図も大きく文章量も絞られているため、取っつきやすい構成になっています。

 

余談ですが、受け手に情報を正確に伝え、目的となるアクションを促すことがデザインの役割と述べられており、その点はゲームUIと被る点でもあるように感じました。
ゲームUIも、ユーザーが適切に判断でき、任意のボタンを押してもらうことが目的であることが多いです。

 

 
以上です。
デザイン初心者向けの参考書籍を探している方の参考になれば幸いです。

昨今のゲーム業界のUIデザイナーのワークフローをまとめた1冊「実践ゲームUIデザイン コンセプト策定から実装のコツまで」

こんにちは、ちょこです!

今回、私が購入した書籍の中から紹介する書籍はこちらです!

 

「実践ゲームUIデザイン コンセプト策定から実装のコツまで」
 

 
発売日に即購入しました!
2022年時点でのゲーム業界のUIデザイナーの大まかな業務範囲、業務フローの事例が知れる書籍となっています。

amazonの商品ページのキャプチャです。2022/06/22にこの書籍を購入しています

所感

  • ゲームUIデザイナーのワークフローのモデルケースが紹介されている
  • モニターのキャリブレーション、使用ツールの紹介など、作業環境の構築に触れられている
  • 見やすいpsdの構造事例、ファイル名の命名規則など、他の書籍では得づらい知見が紹介されている
  • 著者の所属する社内研修に利用できそう

と言う感じです。
今のゲームUIデザイナーは大体こういう現場で仕事やっています、という切り口です。

 

対象者はこんな人!

書籍内では主に以下の方たちを対象とされていました。

  • 新人UIデザイナー
  • リードUIデザイナー
  • ゲームUIにかかわる企画メンバー
  • ゲームUIにかかわるエンジニアメンバー

また、以下の方たちにも役立つ内容とのこと。

  • UIデザイナーを目指す学生さん
  • インディーズゲームを開発している方

 

感想まとめ

新規開発を中心に昨今のゲームUIデザイナーが関わるパートの業務紹介がされており、取り扱っている範囲はかなり広いと感じました。

主に著者が見聞きした現場をモデル化したものであり、引き継ぎを意識したデータ作り、作業の見積もり方、UIデザインのレギュレーションで決める内容などが取り扱われているのが特徴的です。

また、ワークフローについてフォーカスされているため、読み手のスキル、環境、状況にあわせて解釈を調整する必要があるように感じました。

エンジニアを中心に様々なワークフローの型が共有されていますが、ゲームUIデザイナー周りのワークフローに対する視点はまだ注目されていないように感じるため、この分野のこれからの発展に注目したいと思います。

 

個人的には、

「ゲームUIデザイナーってどんなことをしているんだろう?」
「どんな勉強をすればいいんだろう?」

と、悩んでいる学生さんの参考にもなりそうだと感じました。

 

 

以上です。

ゲーム業界のUIデザイナーの業務範囲や業務フローにフォーカスした書籍はほぼないため、貴重な資料になるかと思います。