ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

011_画面別-ショップ画面

「COUNTER: SIDE(カウンターサイド)」ソシャゲのショップ画面でよく見る手法、アンカリング効果の紹介

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマでゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです! 今回は「COUNTER: SIDE(カウンターサイド)」から、ショップ画面にあったアン…

「崩壊3rd」ショップに無料アイテムを陳列し、無料アイテムを購入することで通知バッジが消えるデザイン

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです! 今回は「崩壊3rd」から、無料アイテムをショップに陳列する施策をご紹介し…

「崩壊3rd」ショップ画面で見られるアンカリング効果

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです! 今回は「崩壊3rd」のショップ画面から、アンカリング効果のデザインをご紹…

「未定事件簿」ショップ画面で用いられやすいアンカリング効果の事例紹介

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです! 今回は「未定事件簿」から、ショップ画面で使われているアンカリング効果…

「ガーディアンテイルズ」恒例!ショップに無料アイテムが並んでる!単純接触効果で課金のハードルを下げる行動に繋がっている?

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです! 今回は「ガーディアンテイルズ」通称「ガデテル」から、無料アイテムをシ…

「ロマンシング サガ リ・ユニバース」商品購入を促進するために無料アイテムをショップに陳列する試み

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームのUIを見てみよう!」というテーマでゲームを紹介しています。少しでもゲームのUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです。 今回は「ロマンシング サガ リ・ユニバース」、通称「ロマサガRS」の無料ア…

「三國志 覇道」ユーザーの購買行動を促すためにショップに無料アイテム置いてるんじゃないか説

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームのUIを見てみよう!」というテーマでゲームを紹介しています。少しでもゲームのUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです。 今回は「三國志 覇道」の商店に並んでいる無料アイテムの役割について考えて…

「ブラック・サージナイト」ショップ画面で演出を付与することで、商品を魅力的に見せるだけではなく、新奇性を感じられるデザインの事例紹介

こんにちは!ちょこです! このブログでは「ゲームのUIを見てみよう!」というテーマでゲームを紹介しています。少しでもゲームのUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです。 今回は「ブラック・サージナイト」の商品紹介の画面デザインを紹介します! …

「ドラゴンスラッシュ」無料でアイテムを購入できるのはショップにアクセスしてもらいたいから?

こんにちは、ちょこです。 このブログでは「ゲームのUIを見てみましょう」というテーマでゲームを紹介しています。少しでもゲームのUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです。 今回は「ドラゴンスラッシュ」のショップ画面にてアイテムが無料で購入で…

「パニシング:グレイレイヴン」単純接触効果を利用したデザイン事例

こんにちは!ちょこです! 今回は「パニシング:グレイレイヴン」から、ショップ画面でアイテムが無料で購入できる機能を紹介します! 主に「無料で購入できる」ことと「無料で配布する」ことの違いに注目して書いてみます。 サービスの売り上げに対して何か…

「機動戦隊アイアンサーガ」ショップに無料の商品を置くのは単純接触効果を狙ったもの?

こんにちは、ちょこです! 「機動戦隊アイアンサーガ」にてショップでアイテムが無料で購入できる機能が実装されていました。 該当の画面はこちらです。 左上にある商品が無料です!! 良いですよね。無料! なぜショップで配布するのか? 「ショップでアイ…

「創世記戦:アンタリアの戦争」情報の一部を隠すことによって、リストがスクロールできることが示されている

こんにちは!ちょこです! 「創世記戦:アンタリアの戦争」でアフォーダンスを利用している場面があったので、事例として紹介します。 該当の画面はこちらです。 画面右端に少しだけ映っているUIパーツが、アフォーダンスを用いているデザインです。 デザイ…

「デュエル・マスターズ プレイス」同じようなレイアウトにしないことによって、ユーザーが今どこにいるのか分かりやすくしている

こんにちは!ちょこです! 「デュエル・マスターズ プレイス」、通称「デュエプレ」のショップのデザインの工夫が興味深かったので紹介します。 どういう工夫かというと サプライ購入とカード購入でレイアウトを変えている点です。 これだけだと分からないで…

「ココッパドール(ココドル)」衣装を獲得したら、時間差でボタンが表示され視線が向くように工夫されている

こんにちは、ちょこです! 「ココッパドール(ココドル)」で時間差でボタンが表示され、視線が向くように仕向けられている場面がありました! 画面右下にある「GO」のボタンが時間差で表示されます。 ▲こちらのボタン 表示されるタイミングに関してはこちら。…

「ココッパドール(ココドル)」衣装はデータではなくキャラクターが着るもの!という意識があると自然とショップ画面のデザインも変わってくるんだ

こんにちは、ちょこです! 「ココッパドール(ココドル)」衣装セットのサムネイルが雑誌の表紙風で可愛かったです! ▲TOP画面。雑誌風でかわいい ▲ひとつ潜った画面。着せ替え人形でかわいい 衣装を魅力的に見せようとしているのが良いな、と思いました! こ…

「魔界ウォーズ」ガチャ画面でじっとしてると店員が歌いだす!イースターエッグみたいで楽しい遊び心

こんにちは、ちょこです! 「魔界ウォーズ」でガチャ画面でしばらくしていると店員が色々とアニメーションをしてくれます! ざっと見た感じは以下の3パターンでした。 ▲おじぎ ▲歌う ▲あくび 以上です。 ショップ店員がいる画面で待機しているとキャラクター…

「魔界ウォーズ」ショップ画面のバナーの数が多すぎ問題。もう少し数を絞って訴求したい

こんにちは!ちょこです! 「魔界ウォーズ」の訴求バナーが限界突破してた…! ホーム画面の訴求バナーが数が多い…!! 数えてみたら18個あります。 カルーセルの訴求効果に関して疑問視されているはずなんだけど、効果があるのかな…。 uxmilk.jp カルーセルは…

「アズールレーン」そろそろ商品を並べるだけでなく、魅力的に伝えるデザインが必要になってきている

こんにちは、ちょこです! 「アズールレーン」のショップUIが大分思い切りが凄かったのでデザインの参考までに紹介してみます! 見て分かる通り、商品の一覧性や価格以上にキャラクターのプレビューの面積が圧倒的に大きく取られています。 商品の一覧性や価…

「VOEZ」ショップの訴求画面でスズメが並んでいるのが可愛い!変わった手法の紹介

こんにちは、ちょこです! 「VOEZ」の訴求画面が可愛かったので紹介します! こちらが訴求画面です。白が基調となり、シンプルなデザインになっています。 動きで見るとこんな感じの遷移になります。 これで可愛いと感じたところなのですが、こちらです! す…

「ビーナスイレブンびびっど!」ショップ画面がめっちゃ可愛いデザインだったのでご紹介!

こんにちは!ちょこです! 「ビーナスイレブンびびっど!」のショップがめっちゃ可愛かったので紹介です! 値札が貼ってあるのが凄く良いですね! 個人的にはこういう汎用パーツを使わないデザインの方針は「世界観没入型」と呼んでいます。反対に汎用パーツ…

「戦国アスカZERO」動画広告で石が貰える!ショップに導線があるけど最適な配置場所は今後どうなっていくのか

こんにちは!ちょこです! 「戦国アスカZERO」でも動画インセンティブが採用されていました! こちらのボタンを押すと動画視聴に遷移します。 ▲ブラウン管TVをモチーフとしたデザイン 先日紹介したQ&Qアンサーズでも動画インセンティブがありましたね。 ▲プ…

「レッドストーン2」アイテムの区別は必要。シルエットに違いを持たせるのは目的ではなく手段という話。

こんにちは!ちょこです! 「レッドストーン2」のショップにて、デザインが似ているアイコンが画面内に複数あり、ぱっと見で区別出来ずにストレスに感じました… ▲ショップ画面 区別が出来なかったデザインはこちら。 ▲一瞬区別出来ず。よく観察してみても判…

「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」世界観に寄せるデザインも大切だけど導線や手数を意識するバランスも大切

こんにちは、ちょこです。 「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」のショップの仕様が興味深いです。 世界観に寄せる機能だけど、手数が増えてしまうのもストレスだな、という気持ち。 ▲流れはこんな感じです 入場時のあいさつと… 退場時のあいさつがあり…

「アークナイツ」ショップのコスチューム画面の表現がやはりパララックス的。コスチュームの色数を絞るところからデザインされていてきれい。

こんにちは、ちょこです。 「アークナイツ」でコスチュームのショップのデザインが超良かったので超紹介します。 こちらの画面です。静止画でもかっこ良いです。見せたいものが明確で情報もシンプルにまとまっています。 「静止画でも」と書いたのは、動かし…

「アークナイツ」UIパーツの一貫性や統一性に関して再認識した話。見た目が不統一でも世界観が破綻していないのが凄い

こんにちは、ちょこです。 「アークナイツ」のタブデザインですが、かなり多種多様。UIが不統一というより各々の画面で好きに作っている感じが凄い。 しかしながら、混沌とならずに全体でのデザインや世界観は壊していないように見えます。 その点を中心に紹…

「リボルバーズエイト」有料機能のお試し期間はどれくらいが適切なのか?リボハチと妖怪三国志での事例紹介

こんにちは、ちょこです。 リボルバーズエイトのショップに「プライム会員の3日間お試し機能」が実装されていました。 試そうと思った矢先にサービス終了の告知がなされ販売停止となりました。残念…。 もう売ってない 以前、妖怪三国志にて同様の実装がなさ…

「乃木坂46リズムフェスティバル」楽曲選択画面を中心にメインの画面の感想を書いてみました。Z軸を意識すると情報の整理の仕方も変わってくる。

こんにちは、ちょこです。 今回は「乃木坂46リズムフェスティバル」のメインコマンドの画面を紹介してみます。 まずはメイン画面を紹介してみます。 ホーム画面 ガチャ画面 ショップ画面 カード画面 楽曲選択画面 画面遷移について ホーム画面 ホーム画面で…

「Stormfall: Rise of Balur」直感的に判断するということはどういうことなのか、訴求画像を例に分析してみました

こんにちは、ちょこきなこです。 「Stormfall: Rise of Balur」ショップ画像なのですが、ちゃんと訴求になっているか気になりました。 ショップ画像はこんな感じの画像です。 こんな感じです。個々の情報を見たときに、それぞれ訴求しているのは分かるのです…

「テラウォーズ」ショップバナーの事例紹介。分かりやすさを大事にしよう。

こんにちは、ちょこきなこです。 今回は「テラウォーズ 」のショップのバナーデザインについて書いてみたいと思います。ちょっと見た感じ分かりづらく感じたんですよね… 早速ショップ画面の訴求画像を見てみます。 ぱっと見のショップのちぐはぐ感…。 ポップ…

「ラストエピック」の2つの戻るボタンデザイン。どっちがオススメか

こんにちは、「アプリゲームUIデザイン」のちょこきなこです。 同じ挙動なら同じデザインで良いと思います。今回は戻るボタンのデザインが2つありました。 該当の画面はこちらです。 ダイヤ購入画面と… キャラクターの排出確率画面です。 その中の戻るボタ…