アプリゲームUIデザイン

プレイしたアプリゲームのUIデザインに関して、書き残しておこうと思います。毎日24時に更新!

「パレットパレード」ロード画面で絵が描ける斬新な仕様。でも秒で絵なんか描けるわけない

こんにちは、ちょこです。

パレパレこと「パレットパレード」始めました。
衝撃的だったのがロード画面のデザインです。

f:id:appgameui:20191205064036p:image

こんなロード画面。

 

なんと絵が描けます…!

 f:id:appgameui:20191207161836g:plain

 

どんな仕様だよ、と思うかもですが世界観的には画家のキャラクターものなので、アイディアとしては違和感はありません。

 

f:id:appgameui:20191207173945p:plain

f:id:appgameui:20191207174119p:plain

 

「ロード画面で絵が描ける」という発想は間違いなく超面白いです!


ただ、アイディアとデザインが合致してない印象を受けました。

理由をいくつか書いてみます。

 

1:タイトルに戻ると白紙に戻る

仕様上仕方ないのですが、アプリを落としたり、しばらくアクセスしないでいるとタイトルに戻るのですが、描いた絵も消えます。

 

消えます…!

 

アプリの更新など、いつタイトルに戻されるのかも分からない!

仕方ないけど…!とてもじゃないけど描く気にならない…!

となると、折角実装したのに遊んでもらえない死に機能になります。

勿体ない。

 

2:ロード画面は短い方が良い

当然ですが、ロード画面は短い方が良いです。
ユーザーはロード画面を見に来ているのではなく、ゲームをしに来ているので。

 

つまり、ロード時間は短い方が良いけど、時間が短いと絵が描けない、という自縄自縛的な実装になっています。

 

どうしたいんだよ…!

 

超好意的に考えると、開発中に「ロード画面がめっちゃ長くてヤバい。」みたいな状況に陥って「ロード時間の長さを逆手に取ろう!」としたのかもですが、多分苦肉。

この仕様を実装するなら、ロード時間が長くかかりがちな大容量のデータ更新時に実装し、かつユーザーが任意のタイミングで画面から抜けれる、という実装であれば良かったのかもしれません。

 

3:急に画面が切り替わる

ロード時間が長ければまぁまぁ描けるかもしれませんが、大体は数秒なので割と中途半端な時間なんですよね。

f:id:appgameui:20191207171942g:plain

こんな一瞬だと「何描こうかな」と思ってる内に画面が切り替わります。

 

例えるなら、
流れ星を見かけてもそんなに瞬間的にお願い事浮かばない。

そんな感じです。

 

つまり、この仕様は…

1:時間を短いから描けない
2:描く時間を長くしたらストレス
3:頑張って描いても消える

となっています。

 

これを実装する理由は開発者のエゴに近いモチベーションというか、偏った遊び心というか…。面白い…個人的には超面白いんですが…!

UIデザインの視点で見ると目的と手段を取り違えたアプローチになっているように感じました。

 

面白い機能が浮かんだらやりたくなる気持ちも分かるのですが、一度冷静になり目的を再認識して「この画面で必要なことは何だろう」と振り返ることも重要だなと感じました。