ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

「ブラックスター -Theater Starless-」楽曲を一時停止して再開した時の手法。一定時間巻き戻る演出がかっこ良かった

こんにちは、ちょこです。

 

「ブラックスター -Theater Starless-」にて、楽曲中に一時停止した後、再度ゲーム中に復帰する際の見せ方が面白かったので紹介します。

 

音ゲーなど、アクション性が非常に高いゲームの復帰のデザインを考えるのは難しいです。

一般的にはカウントダウンなど、ユーザーに復帰するまでの猶予が与えられることが多いかと思います。その上で参考になればと思います。

f:id:appgameui:20200924095120p:image 

 

 

では、早速見ていきます。

「ブラックスター -Theater Starless-」の場合、復帰する際のデザインはこのようになっています。

ああああああああ

▲楽曲を一時停止して再開した場面

 

こんな感じで再開します。

 

 

このデザインの要素を整理すると…

  • カウントダウンが入る
  • 一時停止した場所より少し前に巻き戻って再開する
  • 一時停止した場所に戻るまではスコアに影響がない

などかな、と思います。

 

 

このデザインにより

  • 再開場所までシームレスに繋がっているので、スムーズに再開できる
  • 一種の無敵時間扱いとみなせる
  • テンポが速い楽曲でも指がもつれない

などのメリットを感じました。


単純なカウントダウンではなく、更に工夫を重ねたデザインだと考えます。

 

以上です。

繰り返しになりますが、アクション性が高いゲームの復帰は難しいものがあります。
上手く復帰できないと、デザインのせいでスコアを落とす結果になるかもしれません。

それはユーザーにとって理不尽な結果ですし、そうなるとユーザーとしてはこの機能を使う気持ちになりづらいです。

今回紹介したのは音ゲーでの事例ですが、アクション性に着目すると、レースゲームにも使えるかもしれません。

 

他にも気付いた点がありましたら、コメントにて教えていただけると幸いです。