アプリゲームUIデザイン

プレイしたアプリゲームのUIデザインに関して、書き残しておこうと思います。毎日24時に更新!

「ビーナスイレブンびびっど!」キャラクターが伝えるというデザイン

こんにちは!ちょこです!

 

「ビーナスイレブンびびっど!」にて、色んな画面にキャラクターが配置されているのが良い工夫だな、と感じました!

 

いくつか紹介してみます。

まずはプレイヤーのレベルが上がった時の通知ポップアップ。

f:id:appgameui:20200517185221p:image

 

 

昇格がかかった試合に行く前の確認画面

f:id:appgameui:20200517214307p:plain

▲なのじゃ

 

こちらも試合前の確認画面です。普段はこんな感じで昇格戦の分岐点がグラフ化されています。

f:id:appgameui:20200517224442g:plain

SDキャラが走るのが可愛い

 

試合直前の画面でも!

f:id:appgameui:20200520133839p:plain

 

f:id:appgameui:20200520134842g:plain

SDキャラのアニメーションが可愛い

 

試合が始まっても!

f:id:appgameui:20200520133805p:plain

 

試合結果画面でも!

f:id:appgameui:20200520212203p:plain



 

試合に勝ち、リーグ昇格した時の通知にも!

f:id:appgameui:20200517214510p:plain

 

ヘルプにもいます。

f:id:appgameui:20200517214604p:plain

 



ショップ!

f:id:appgameui:20200518083622p:image

 

ビンゴ!

f:id:appgameui:20200519085936p:plain

f:id:appgameui:20200519085927p:plain

 

ロード画面!

f:id:appgameui:20200520083304p:image

 

見出しや画面説明にも!

f:id:appgameui:20200520083428p:image

 

ボタンのアイコングラフィックとして

f:id:appgameui:20200520083904p:image

 

エンプティステートにも!

f:id:appgameui:20200517231602p:plain

 

 

以上です!

如何でしたでしょうか。結構あちこちに使われていることが伝わりましたかね…?

 

 

キャラクターを表示する理由を考察

キャラがこんなにたくさん表示する理由をUI視点で考察してみました。
一番の理由は「キャラクターが話しているように伝えられること」だと思います。

f:id:appgameui:20200520211904p:plain

吹き出しを使ってキャラのセリフにしている

 

f:id:appgameui:20200520212247p:plain

▲画面の機能を説明しているケース

 

f:id:appgameui:20200520212106p:plain

▲訴求に繋がる文言

 

など、多くの画面でキャラクターと吹き出しが一緒に表示されています。

キャラクターが話す、というデザインを取ることにより、常にユーザーとゲームとの間でコミュニケーションが発生しているという構図になっていると感じました。

 

f:id:appgameui:20200520213802p:plain

▲話しかけられているように感じる

基本的にはユーザーはキャラクターに対して興味があるため、同じメッセージでもキャラクターから伝えた方が、より伝わりやすい、という効果があるのかもしれません。

 

f:id:appgameui:20200520214826p:plain
▲キャラクターが伝えるデザイン
 f:id:appgameui:20190714090505p:image

▲運営として伝えるデザイン 参考「ワンダータクティクス」

 

この2つはどちらも「レビューを書いて」という画面ですが、キャラクターがあることで画面が華やいだり、フォーマルな伝え方がユーザーフレンドリーになっています。

 

 

まとめ

まとめです!
このように、キャラクターを表示することにより…

  • ユーザーとのコミュニケーションが発生しているように感じる
  • 画面が華やぐ
  • キャラクターが伝えることで、ユーザーにより伝わりやすくなる

などの印象を受けました。
サービスや画面が固く、ユーザーフレンドリーにしたい!と感じる場面があったらキャラクターを表示するのも一つの案かな、と感じました。ご参考までに!