ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

「未定事件簿」2Dイラストが動く会話シーンって新しい表現だなと感じた事例紹介

こんにちは!ちょこです!

 

このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです!

 

今回は「未定事件簿」から、会話画面のデザインをご紹介します。

 

該当の画面はこちらです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



この会話シーン…動きます!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

補足すると、動くのは一部のシーンです。
多くのシーンでは立ち絵が採用されています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

国内のゲームでここまで動いているソシャゲは見たことが無いのですが、「ブルーアーカイブ」では一部のレアリティの高いキャラクターイラストは動いていました。

中国のゲームではトレンドなのかもしれませんね。

 

UIの評価軸に当てはまると新奇性や没入感として評価できそうです。
ビジュアル面からのアプローチであるため、利便性の向上、時短、効率面といったシステム的な面では効果は少ないと考えます。

内容的には文字を読んだり、キャラクターのグラフィックを表示するだけですが、ビジュアル的に新しい表現をすることでユーザーの評価も高まることがあります。

 

 

以上です。

新しい会話シーンのデザインを検討する際の参考になれば幸いです。

 

 

このブログではこのようにゲームUIついて簡単にまとめて紹介しています。

他のゲームUIも紹介しているので、もし良かったら他の記事も見て行っていただけると嬉しいです。

 


権利者さまへ

 

以下はコンテンツ利用に関する認識の説明です。

「未定事件簿」のガイドラインを確認したところ、ゲーム実況の配信、動画投稿に関しては許諾されている旨の記載はありました。

 

ネットワークサービスにおける著作物の利用に関するガイドライン

 

主な参照箇所を抜粋します。

個人であるお客様が「崩壊学園」、「崩壊3rd」及び「原神」「未定事件簿」からキャプチャーした映像及びスクリーンショットした静止画(以下「本著作物」といいます。)を利用して創作された動画や静止画を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)し、又は収益化することに対して、当社らは、以下の遵守事項を遵守いただいている限りにおいては、著作権侵害を主張いたしません。

 

以下は確認したガイドラインページのキャプチャです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

画像利用、記事の内容について問題がありましたら、お手数ですがご連絡ください。
速やかに対応いたします。

 

お問い合わせ