ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

「未定事件簿」ババ抜きをさせてキャラクターと双方向のコミュニケーションを取るデザイン

こんにちは!ちょこです!

 

このブログでは「ゲームUIを見てみよう!」というテーマで毎日ゲームUIを紹介しています。少しでもゲームUIに興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです!

 

今回は「未定事件簿」から、キャラクターと遊べるミニゲームをご紹介します。
「未定事件簿」ではキャラクターとババ抜きが遊ぶことができます。

あまり見かけない仕様かなと思います。


該当の画面はこちらです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



アニメーションで見るとこんな感じです(約23秒あります)。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

タッチして親愛度を高めるゲームはよく見かけます。
「未定事件簿」でもそのような仕組みも取り入れられています。

その上でこのようなミニゲームを用意する意図は双方向のコミュニケーションを取り、キャラクターと触れ合いを持たせていると感じさせたいのかな、と感じました。

 

タッチしてキャラクターが反応を返すのも双方向と言えば双方向なのですが、プレイヤー側から話しかける仕組みになっています。

ババ抜きの場合はターンが変わると相手から話しかけてくる仕組みになります。
このちょっとした違いがあることで、よりキャラクターと触れ合っている印象を与えるのかもしれません。

 

ミニゲームに勝利すると褒められるため、承認欲求が満たされる印象を受けました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

以上です。

キャラクターとのコミュニケーションを取る手法を検討する際の参考になれば幸いです。

 

 

このブログではこのようにゲームUIついて簡単にまとめて紹介しています。

他のゲームUIも紹介しているので、もし良かったら他の記事も見て行っていただけると嬉しいです。

 


権利者さまへ

 

以下はコンテンツ利用に関する認識の説明です。

「未定事件簿」のガイドラインを確認したところ、ゲーム実況の配信、動画投稿に関しては許諾されている旨の記載はありました。

 

ネットワークサービスにおける著作物の利用に関するガイドライン

 

主な参照箇所を抜粋します。

個人であるお客様が「崩壊学園」、「崩壊3rd」及び「原神」「未定事件簿」からキャプチャーした映像及びスクリーンショットした静止画(以下「本著作物」といいます。)を利用して創作された動画や静止画を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)し、又は収益化することに対して、当社らは、以下の遵守事項を遵守いただいている限りにおいては、著作権侵害を主張いたしません。

 

以下は確認したガイドラインページのキャプチャです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

画像利用、記事の内容について問題がありましたら、お手数ですがご連絡ください。
速やかに対応いたします。

 

お問い合わせ