ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日頑張って更新!

ゲームUIデザイナーの参考になりそうな事例の記事

こんにちは!ちょこです!

 

ゲームUIデザイナーの参考になりそうな事例の記事です。

随時追加、更新します。

 

 

おすすめ!

テーマは“UI、UXの衝撃” CROOZ主催の開発者向け技術勉強会“第4回テックヒルズ” [ファミ通App]

2012年時点の記事ですが、当時のUI/UXの概要について以下の3名が話されています。

2021年時点でも大きく変わらないと思います。
高い視点からの話なので、UXについての輪郭がつかめるかと思います。

 

 

任天堂のUI/UXデザイナーが語るデザイン思想。UI Crunch #13 娯楽のUI【書き起こし前編】|Goodpatch Blog グッドパッチブログ

2018年の記事ですがこれは定番かもしれません。

多機能でありつつ、複雑さを無くすという手本を紹介しているのが個人的には好きです。

あとは、ゲームを見ている人も楽しめるようにする、という思想はゲーム配信とも被るところがあり、大変興味深いです。

youtubeで講演動画も残っているので一度視聴することをお勧めします。 

 

 

[CEDEC 2016]UIデザインの品質を効率的に向上させるため,グリーが行ってきた「UI Discussion」 - GamesIndustry.biz Japan Edition

メンバー同士でゲームレビューした時の話です。

ゲームレビューをするのは非常に有用だと思います。現場内での視点が広がったり、評価軸の可視化と言語化がなされます。今も継続されてるのかな…。

 

 

[CEDEC 2018]宮本 茂氏の基調講演「どこから作ればいいんだろう?から10年」聴講レポート。宮本氏が自分自身と日本のゲーム市場の10年間を語った

いくつかのテーマで「宮本氏が今考えていること」という内容である、と紹介するのが適切なのだろうか。

包括的な意味でのゲームについて、いくつかのテーマで話されています。
個人的にはスマートフォンについて以下のコメントを残されているのが非常に心強いと感じました。

 「ユーザーインタフェースもよくなった。いまだにPCだとどこをクリックすればいいか分からないことがあるが,スマートフォンはどこをタッチすればいいのかすぐ分かる。UIデザイナーがいい仕事をしている」

しばしばUIの良し悪しは意思決定者に左右される部分があります。
そういった意味で業界を代表する方が、UIについて関心を寄せている姿勢をのぞかせたのは心強い限りです。

 

『The Last of Us Part II』盲目のゲーマーがクリア報告。どんな人でも遊べる、アクセシビリティオプションの充実ぶり | AUTOMATON

アクセシビリティに対するアプローチ。素晴らしい試み。

 

 

 

---------------------------------------------------------------

 

ゲームタイトル毎の事例

以下はゲームタイトル毎の記事を紹介します。

 

あ_アズールレーン

あ_アナザーエデン

あ_あんさんぶるスターズ!

い_イケメン源氏伝

え_エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

さ_サウザンドメモリー

し_神獄のヴァルハラゲート

せ_セブンナイツ

ぜ_ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

た_ダービースタリオン マスターズ

た_誰ガ為のアルケミスト

※ビジュアルデザインではなく開発体制について。UX寄り。

と_囚われのパルマ

に_NieR:Automata

に_NieR Re[in]carnation

は_八月のシンデレラナイン

ひ_HIT

ふ_ファイナルファンタジー14

ふ_ファントム オブ キル

ふ_Fate/Grand Order

ぷ_プリンセスコネクト!Re:Dive

ほ_星のカービィ 

べ_ベヨネッタ

2009年時点の記事です。
ベヨネッタ」のゲームUIについて、僅かに紹介されています。
記事内ではインターフェイスデザインと書かれています。

べ_ベヨネッタ

2014年時点の記事です。
ベヨネッタ2」のゲームUIについて部分的に紹介されています。

ぺ_ペルソナ5 

め_メタルマックスゼノ リボーン

め_メルクストーリア

 

企業事例

あ_アカツキ

え_NHN Japan

お_オインクゲームズ

こちらはYoutubeで公式動画もアップされていました。(無音です)

www.youtube.com

こ_コロプラ

そ_ソニー

に_任天堂

で_DMM

で_DeNA  

は_Happy Elements カカリアスタジオ

ば_バンダイナムコオンライン

gloops、DMM.comDeNA

 

 

ユニバーサルデザイン/アクセシビリティ

訴求画像での対応事例。ソシャゲを運用する都合上、訴求画像は多く作られます。
そういった時の参考になるかと考えます。

 

 

 

未分類