ゲームアプリのUIデザイン

プレイしたゲームアプリのUIデザインに関して書き残します。毎日24時に更新!

「CUE!キュー」SNSにゲーム画面を投稿するきっかけ作りがなされている例。うれしいことがあると人に伝えたくなるのかな…

こんにちは、ちょこです。

 

「CUE」にて超!特訓という実装があるのですが、それが割とSNSに投稿されているのを見かけます。(あくまでCUE界隈の話)

CUE 超特訓

 

 

これ、どういうものかというと…、
レッスン中に特訓ゲージを溜めると「特訓モード」と呼ばれるモードに移行します。

▲特訓ゲージさん

 

▲特訓モード移行演出

 

 

で、特訓モードが終わるタイミングで確率で「超!特訓モード」に突入します。

確変みたいなイメージ。
(パチンコやらないけど、そんなイメージ。賑やかだし) 

 

 

f:id:appgameui:20191117125245g:plain

f:id:appgameui:20191117125354p:plain

 ▲超!特訓モード突入演出

 

f:id:appgameui:20191117125643p:plain

▲超特訓を好む戦闘民族の鑑

 

そんなわけで、超!特訓モードに突入することはレアリティの高いイベントとなっています。

 

あとは、その超特訓がどの程度継続するかは運です。

f:id:appgameui:20191117120809g:plain

 

まとめ

昨今、SNSにゲーム画面のキャプチャが投稿されることが当たり前の文化になっています。SNSに投稿されればゲームの宣伝に少なからず貢献します。

今回のCUEの事例では「数字を表示すること」によって、SNSの投稿を促すデザインになっていると考えられます。

理屈はよくわかりませんが、数字が高いと思わず見せたくなってしまう心理が働くようです。

 

この数字は何かのハイスコアとして記録されるものでもなく、プレイヤーのスキルに依存するものでもなく、ゲームのスコアのようなものでも、やりこみ要素といった類のものでもありません。

 

純粋に運のみの数字です。

(試行回数が多ければ良い数字が出る確率も増すとは思いますが)

ゲーム性を問わないため汎用性が高いデザインにもなっています。

 

つまり、どんなゲームにも応用できる可能性を秘めています。

 

SNSに投稿してもらうためにはどうしたら良いのか」という悩みを抱えている開発者がいたら、参考になるかもしれないなと思いました。